• 生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

      「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。
      ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。
      新出の資料も交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

      季節・行事
      詳細
    • 「祈り」三部作 「祈り」「希望の樹」「懺悔」上映

      「我々は何者か? どこから来て、どこに向かっているのか?」
      ──アブラゼ

      『祈り』の冒頭に、ジョージアの国民的作家ヴァジャ・プシャヴェラ(1861〜1915)の「人の美しい本性が滅びることはない」という言葉が置かれている。
      この言葉には「三部作」に共通するテーマ、人間の善良さや魂の気高さへのアブラゼ監督のつよい願いがこめられている。
      『懺悔』に主演のアフタンディル・マハラゼ氏は、「今、公開されることはとても重要だ。30年以上も前に作られた作品なのに古く感じないということは、社会の状況がよくなっていないということだから」と語っている。

      三部作は混迷する現代への黙示録であり、精神性への希求において至高の域に達している。

      映画
      詳細
    • 昆活しようぜ! 特別展 「昆虫」

      本展では、昆虫の驚くべき世界を多様な昆虫標本と展示演出で紹介します。
      昆虫の生態、多様性や機能、他の生物との関わりなど、幅広い視点から
      その魅力に迫るとともに、昆虫研究の成果が現代社会でどのように活かされているのかを取り上げます。

      季節・行事
      詳細
    • 企画展「デザインあ展 in TOKYO」

      人のあらゆる営みに、デザインは欠かせません。つまり、こどもの時からのデザイン教育が、実はとても大切なのです。
      そのような想いで始まったデザイン教育番組「デザインあ」を、身体と共に体験してもらえるのが「デザインあ展」です。
      2013年に開催した実験的な「あ展」を、さらに発展させた今回の「デザインあ展」は、これからのデザイン教育のあり方、そして展覧会の新しい形を提案できると思っています。

      ― 総合ディレクター 佐藤卓

      季節・行事
      詳細
    • 現在登録がございません
    • 現在登録がございません
    • 現在登録がございません