パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ

2018年10月25日~2018年11月3日 / 東京都 六本木 / 映画

拡大
終了しました
会場 六本木TOHOシネマズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷、東京国際フォーラム
住所 106-6108 東京都 六本木 六本木6丁目11−1
日程 2018年10月25日~2018年11月3日
時間
[時間詳細]

各会場により異なる

[アクセス]

【六本木会場】
・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
(東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
東京メトロ日比谷線「六本木」駅出口1C 徒歩3分。
都営大江戸線「六本木」駅出口3 徒歩6分。

・EXシアター六本木
(東京都港区西麻布1-2-9)
東京メトロ日比谷線「六本木」駅2出口から徒歩5分。
都営地下鉄大江戸線 「六本木」駅3出口から徒歩6分。

【東京ミッドタウン日比谷】
東京都千代田区有楽町1-1-2
東京メトロ千代田線・日比谷線 ・都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅直結(徒歩4分)
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座」駅直結(徒歩5分)
JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅から徒歩5分

【東京国際フォーラム】
東京都千代田区丸の内3-5-1
JR線「有楽町」駅より徒歩1分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(B1F地下コンコースにて連絡)

[会場詳細]

★★★第31回東京国際映画祭★★★

日本で唯一の“国際映画製作者連盟”公認の映画祭である―東京国際映画祭―が今年も開幕します!
いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、
国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。

―他では見られない世界の秀作が集結し、グランプリ作品が決定!―

才能溢れる新人監督から熟練の監督までを対象に、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集結。
国際的な審査委員によってグランプリが選出される「コンペティション」には今年、
109の国と地域から1,829本もの応募があり、年々注目度が高まっています。
第24回グランプリ作品『最強のふたり』はその後、フランス語映画として世界歴代1位の観客動員を記録し、
日本でもロングランヒットが話題になりました。


―新しい才能が集う、アジアで最も注目される映画祭―

東京国際映画祭は創立時から映画クリエイターの新たな才能の発見と育成に取り組んできました。
入賞者の中からは、後に『アーティスト』(11)でアカデミー賞 5部門を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督や、
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)『レヴェナント: 蘇えりし者』(16)と
2年連続でアカデミー賞監督賞受賞のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督など、
国際的に活躍するクリエイターたちが出現し、日本からも深田晃司監督が『淵に立つ』(16)で
今年のカンヌ映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞するなど、新しい才能が次々に世界へと羽ばたいています。


―レッドカーペットイベント―

初日に六本木ヒルズアリーナにて開催される、オープニング レッドカーペットイベントは
東京国際映画祭を象徴する大きなイベントの一つです。
東京国際映画祭で上映される約200本の作品から延べ400名ものゲストが来場します。

各国のメディアの取材を受けながら、レッドカーペットを歩くスターをこんなにも多く間近に見ることができるのは、東京国際映画祭だけの魅力です。

■ 開催日時:2018年10月25日(木)15:00-18:00(予定)
■ 会場:六本木ヒルズアリーナ 
■ 入場開始時間:14:00(予定)


■上映会場案内
【六本木会場】
・TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
・EXシアター六本木
【東京ミッドタウン日比谷】
【東京国際フォーラム】


■今年の目玉作品・企画
・『アジア三面鏡2018:Journey』
アジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。
第2弾は「旅」をテーマに、デグナー、松永大司、エドウィンの若手実力派3監督が、中国、ミャンマー、日本を舞台に製作。
未来への希望を感じさせる瑞々しい3作品が揃いました。

・【アニメーション監督 湯浅政明の世界】
今年のアニメーション特集は、昨年2017年に2本の長編作品の大ヒットが記憶に新しい湯浅政明を取り上げます。
昨年発表したオリジナル長編映画『夜明け告げるルーのうた』、
第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』、
2018年1月に世界同時配信となった『DEVILMAN Crybaby』。
さらには、2004年の自身初となる長編作品であり、文化庁メディア芸術祭大賞と、
毎日映画コンクール大藤信郎賞の両方を勝ち取った『マインド・ゲーム』、
『自選短編集 1992-2014』にて「ちびまる子ちゃん」や「クレヨンしんちゃん」といった国民的テレビアニメの、
いまスクリーンではなかなか観ることのできない貴重な映像をお送りいたします。


※各会場での上映時間は公式ホームページをご覧ください。

[お問い合わせ先]
1)03-5777-8600
※日本語、外国語共通の番号

2)050-5541-8600(IP電話)
※携帯電話、PHSからの発信可、海外からの発信は不可、
03以外の地域の方が市外通話料の負担なくご利用いただける番号です。

対応言語: 日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語
開設期間: 2018/9/25(火)〜2018/11/3(土・祝)
受付時間: 8:00〜22:00(期間中無休) ※各番号、各言語共通

~チケットに関するお問合せ~
東京国際映画祭チケット インフォメーションセンター
電話番号:050-3538-3883 (オペレーター対応)
開設期間: 2018/10/10(水)〜11/3(土・祝)
※10/20(土)、21(日)は休業とさせていただきます。
受付時間: 連日12:00~18:00
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2018/10/18
  • 掲載日 : 2018/10/18
  • 変更日 : 2018/10/18
  • 総閲覧数 : 32 人